ASOBOはサクラが多く出会えないのか?実際に利用した評判

街中でも広告を良く目にしていたことから利用した「ASOBO」ですが、1万円ほど課金しながら2か月ほど利用したものの出会うことができず、やむなく退会しました。

利用して感じたデメリットとしては下記でした。

・女性向けのキャッシュバック制度の存在
・アプリがメイン

アプリは完成度が高く、利用しやすい反面、出会えなくてもポイント消費が激しいので、逆にポイントの抑制ができない人には厳しいと感じました。

ASOBOにはサクラはいるのか?実際に利用して感じた点

ASOBOは最近有名になり始めた出会い系で、ハッピーメールなどの大手の登録者数600万人に比べて規模はその半分程度です。

最近有名になった中ではかなり大きい規模を誇っていて、基本的な媒体は新興の出会い系特有のアプリをメイン媒体にしています。

売りとしては、出会い系というよりもSNSに近いといわんばかりの「懸賞」「ゲーム」「アバター」などのサービスを展開しています。

それに加えてボトルメールなどの、他のサイトにはない独自サービスを展開していて、普通に電車などでアプリをいじっていてもmixiなどのコミュニティサイトをいじっているようにしか感じないくらいSNSに近いものとなっています。

宣伝活動にはかなり力を入れており、サクラは利用しておらず、純粋なマーケティング力のみで会員は増やしている点では好感を持てます。

特に、ブログの広告出稿の量でいえば、大手の出会い系が出稿している枠の2倍ほどで、出会い系の2広告に1つがASOBOの広告というほどです。

開設されたのは2001年と一応老舗ですが、ガラケー全盛期のときからアプリをメインにやっていたため、スマホ時代になってからのアプリでの会員数の増加や、ユーザーインターフェイスの操作性などにはかなり気を使っています。

利用料金は1通につき50円ほどで、他のサイトと大して変わりなく、サクラがいないという点においても大手サイトと同条件にはなっています。

しかし、無料ポイントの提供が他よりも多く、アプリ内ブログでのアフィリエイトや、友人紹介で500円分のポイントなど、他よりも若干遊びやすさはあるように感じます。

ASOBOにキャッシュバッカーはいるのか

ASOBOがどういったサイトかの説明を見る限り、クリーンな印象が強く、利用者にとっても快適に活動ができるようなサポートをしているように感じるため、優良出会い系サイトのように感じるかもしれません。

こんなにクリーンな感じのASOBOに果たしてキャッシュバッカーはいるのか?ですが、結論としてはキャッシュバッカーは多少存在します。

ですが、かなり厳しい条件を提示されているようで、ポイントの付与が、継続的なメールのやり取りをしてからなどのハードルを課されているようです。

そのため、どちらかといえば、他のサイトよりもキャッシュバック目的のみで、利用するという人が少ないように感じられます。

口コミを検索する限りでは、散々メールしたが、会う段階になって断られたなどの口コミがあり、そこまでしないとポイント付与条件を満たせないのだと感じます。

YoutubeにあるASOBOの動画は

ここまで見ていくと、サイトイメージは比較的クリーン、キャッシュバッカーも少ない、そしてある程度老舗サイトということで、出会えるような印象を抱く人が多いと思います。

そして、ASOBOについていろいろ調べていると目に付いたのが、Youtuberとのコラボレーション動画があること。

簡単な流れとしては、YoutuberがASOBOを利用して、何回か連絡を交わしてあうことになった女性と実際に会ってみたという動画。

なぜ、Youtubeでそういった動画があがるかというと、企業案件と呼ばれるもので、宣伝能力の高いYoutuberに対して、運営が再生回数、もしくは、固定報酬で依頼をしてサービスを動画で紹介してもらうというもの。

ASOBOはかなり根気強くこういった動画をYoutuberに依頼しています。最初の動画をアップしてからすでに1年ほどたっています。

こういった動画を他の出会い系サイトとは違って率先して行っている理由は大きく三つあると考えられます。

まず一つ目が、出会い系の利用方法について、ある程度のデモンストレーションを一般の人々に示せるため。

もう一点はある程度オープンスペースに自分のサイトを置くことによって、出会い系=陰湿、恥ずかしいといった世間のイメージから「ASOBO」だけはかけ離れるようにしようという考えがあると思われます。

そしてもう1点は、動画視聴者という若い世代にそういったものの存在を知らしめることで、影響を受けやすいネット世代の若者の間でバズらせることができれば、瞬く間に大手を抜き去るというある意味大きなかけ的な部分もあると考えられます。

実際、Youtubeでの宣伝が始まってから100万人ほど登録者数が増えており、効果はかなり高かったと思われます。

ASOBOは出会えるのかどうか?実際の感想

ようやく本題になりましたが、ASOBOが出会えるのかどうかで、筆者自身が実際にASOBOを利用して感じたのは、個人、業者問わず、援助目的が異常に多いことです。

基本的に2日で10通ほどのメールをやり取りして、会う流れになることが多い出会い系サイトですが、ASOBOに関して言えば、メールのやり取りが始まった直後から、週内に会うような前提でスピーディーに話が進んでいきます。

そして、寂しいから、彼氏に振られたからという2大ワードを駆使しながら、いざじゃあ会いましょうというと、援助をしてほしいという旨のやり取りに移り変わります。

10人ほどの女性とやりとりした中で、7人ほどがまさにこの動きで援助をしてほしいといってきたため、こういう会話の流れに持っていくことが援デリ業者の使うテンプレートなのではないかと思います。

そして、そのうち半分ほどの女の子が顔写真として使っていた画像は他の出会い系サイトでも見受けられたので、拾い画像か、業者がいろんなサイトで使いまわしているかのどちらかだと考えられます。

残りの2人はおそらくキャッシュバッカーで、メールの内容自体はある程度楽しく、顔写真に設定している画像も、業者とは思えない、かわいすぎず、不細工すぎずといったもので、本当に本人の写真を使っていたのではないかと思うレベルでした。

しかし、実際に会いたいや、連絡先の交換を促すと話を逸らしたり、もう少し仲良くなってからなどということを言ってメールを長引かせる傾向にありました。

説明したとおり、確かにキャッシュバッカーに対してのハードルがかなり高いため、キャッシュバッカー活動を行う女性は少ないと思っていたのですが、実際には2割ほどがあきらかなキャッシュバッカーと思われる女性で、その割合は他のサイトと同レベルだと思います。

残りの1人に関しては、かなり20代前半の女子大生で、メール友達になることはできましたが、どちらかというと出会う気はなくメールでの暇つぶし相手を探しているのみで、真剣交際やセフレになるかというとかなり怪しいものでした。

ASOBOの登録者で多いパターン分析について

ASOBOを利用してみて感じたのは、利用者のターゲットがYoutubeで宣伝をすることなどから考えてもかなり若く、実際にその狙いはあたっていて、多くの若者層を取り込むことができていると感じます。

また、そのうちの女性、もしくは男性がある程度精力的にキャッシュバッカーとして活動してくれるということも見越した上での、宣伝方法を取ったことが、企業としてのマーケティング能力はかなり高いものだと考えられます。

しかし、実際出会いを求めて、利用するとなると、前述したような業者が多かったり、キャッシュバッカー、あるいは冷やかしが多く、純粋にセフレがほしかったり、彼女がほしいといった理由で利用をしようかと悩んでいる人に乗ってはオススメできるサイトとはいえません。

しかし、ASOBOのマーケティング能力はかなり高く、最近始めた合コンセッティングサービスや、今後結婚相手紹介サービスなどに手を出した場合、うまくいけば使えるサイトに化けるのではないかとも考えています。

既婚者は多いのか?

ASOBOに登録したのは、10年前で、当時は45歳で、その頃の私は離婚して5年程経ち、飲食店で働いていました。

忙しい日々で、休みの日も出掛ける元気も無く、生活のためただ働いているだけの毎日でした。

そんな私の体調や今後のことを心配した母親から、何度も再婚してほしいと言われていましたが、既婚者とは絶対にお付き合いしないと決めていました。

辛い離婚を経験したので、再婚したいとは思っていませんでしたが、子供も居ませんし、このままずっと一人で居るのも淋しいので、いずれ良い人が現れれば再婚も考えてもいいかなくらいに思っていました。

そんな時、お店の常連さんの連れの方で結婚相談所に勤めている人から、女性は入会金も無料だから登録だけでもしてみないと言われ、これも何かの縁かなと思いASOBOに入会しました。

デブスなどルックス的に厳しい女性は多く危険か?

ただ、歳も歳だし離婚経験アリでしたし、いわゆる「デブ」「ブス」と陰口をたたかれる程度にはルックスに自信はありませんでしたので、ASOBOでも相手はいるのかという心配はありました。

登録から1週間後に連絡があり初めての実際に会うことが決まりましたが、お相手は電気関係のお仕事をしている48歳の方で、ごく普通の会社員という感じでした。

挨拶をした後、何を話していいのか解らず、相手の方も緊張しているようでなかなか話が進まず沈黙してしまいました。

私がデブでブスだということで落ち込んだのかなと思いつつも、その重い空気にたまらず私から「お仕事は忙しいですか?」「休みの日は何をしてらっしゃるんですか?」など話し始めましたが「仕事は忙しいです」「休みの日はパソコンやってます」返ってくる言葉はそれ以上膨らまず。

「パソコンが趣味なんですね。私もネットサーフィンしていると時間があっという間に過ぎちゃいます」と話しをフったりしましたが、ひと言ふた言で話は続かず、そしてまた沈黙しました。

ネカマは登録できるのか?

お見合い時間は50分なのですが、早く時間が終わらないかと、そればかり考えてましたし、ネカマではないと証明できれば問題ないと考えていたのですが甘かったようです。

そして残り10分程になった頃「あまり話せませんでしたね」とひと言。ASOBOでのこの時間は何だったのか。

終わった後、アドバイザーさんにネカマではなかったのか?と感想を聞かれましたが、ただ50分が苦痛だったと言いました。

こちらのシステムは、お見合いが終わった後、お互いにまた会いたいという場合は、次回は食事という設定になっています。

お相手は私がネカマではないということも知っているわけだし、それについて聞くことも無く、話も盛り上がらず終わったので、私に興味が無いと思いますし、次回は考えていませんと言いました。というより、思いきり NO!と言いたかったです。

お相手もあの調子でしたから同じだろうと思っていたのですが、なんと!もう一度会いたいと言っていたそうです。

そういう気持ちがあるなら、何故もっと積極的に話そうとしないのか。私は初めてのお見合いで、こちらも緊張しているのだから、男ならリードして欲しいです。

たとえ緊張していたとしても、何か話そうと努力している姿があれば好感も持てますが、彼には無かった。なかなかご縁がなかったようで、最初から諦めているような、そんな感じでした。

良い出会いがあればと思い登録しましたが、残念ながら最初のASOBOでの出会いがそんな感じでしたから、またネカマ認定されるのが嫌で、その後何度か連絡を頂きましたが、全てお断りしました。

口コミ評価の高い婚活サイト1位「PCMAX」
thumb_www_youbride_co_jp
女性の利用は完全無料
無料登録後、すぐ男性会員のプロフィール検索が可能
口コミ評価の高い婚活サイト2位「ブライダルネット」
thumb_www_bridalnet_co_jp
男女とも月額3,000円
有料登録しないと、男性会員のプロフィール検索は不可
口コミ評価の高い婚活サイト3位「ユーブライド」
男女とも月額3,980円
有料登録しないと、男性会員のプロフィール検索は不可
口コミ評価の高い婚活サイト4位「マッチドットコム」
thumb_www_bridalnet_co_jp
男女とも月額3,000円
有料登録しないと、男性会員のプロフィール検索は不可
口コミ評価の高い婚活サイト5位「YYC」
hap
女性の利用は完全無料
プロフィール入力しないと、男性会員のプロフィール検索は不可