オーストラリア人、ニュージーランド人男性と出会う婚活の末、現地に移住するまでの流れについて

5年ほど前ですが、オーストラリア留学から帰ってきて、オーストラリアに移住できないかと考えていたところ、マッチングサイトで知り合ったのが10歳上のオーストラリア人男性でした。

日本在住の彼は2年後にはオーストラリアに帰るという前提で交際していました。私としては「それまでにプロポーズがあればいいな、」程度で交際は続けていました。

プロポーズは交際開始1年後で、フィアンセビザを取得して一緒にオーストラリアに来て結婚してほしいと言われました。

プロポーズは嬉しい反面、どうしてフィアンセビザなのだろうと思ったのですが、下記の点でフィアンセビザを彼は選んだようです。

・フィアンセビザのほうが早期に下りやすい(結婚者ビザが1年程度なのに比べて、半年程度)
・フィアンセから始めて結婚への準備を徐々にしたい

日本だと婚約と言う概念は、近年だとあまり重んじられていないですが、オーストラリアなどだと根強く残っていて、結婚への準備を重ねるために必要な重要なフェーズと言う認識です。

最終的に、婚約者(フィアンセ)ビザで良かったのは、許可が下りるタイミングが分かりやすいので、移住に向けて準備しやすかったことです。

両親との顔合わせなど、フィアンセビザの申請ステップに合わせてスケジューリングしやすく、申請から1年後に無事にオーストラリアに入国、4か月後に無事に入籍という運びとなりました。

オーストラリア人など外国人会員の多いマッチングサイト

私がオーストラリア人の現在の夫と出会ったのは、マッチングサイトでした。

彼に会う前にも、いくつかマッチングサイトを使いましたが、一番オーストラリア人の登録が多く彼とも出会えたのが、下記のPCMAXでした。

hap
>>PCMAX公式サイト(女性は利用無料)

オーストラリア人以外だと、アメリカ人、イギリス人など欧米系の男性も多く、出会える確立は高いサイトだと感じました。

女性は無料で利用できることもあり、有料のマッチドットコムなどよりも事前に外国人男性の登録状況を確認できるので、安心して利用できると思います。

オーストラリア人の彼の束縛と婚活の難しさ

元々私は、留学中のアルバイト先のオーナーが開いた飲み会で出会った元彼もオーストラリア人だったりしました。

彼は音楽家で私もアートの仕事をしていたので、すぐに意気投合しました。

私も当時既に30歳間際で、もともと年上との付き合いが多かったので、彼はバツイチでしたが、子どもはおらず、書類上は離婚がまだ成立していない状態でしたが(オーストラリアでは別居数年経たないと正式離婚できない)料理も上手でとても楽しい時間を過ごしました。

しかし時が経つにつれ、彼の束縛気味な面がでてきました。

誰かと会おうとするといちいち細かく聞いてきたり、私が日本に一時帰国している間もSkypeが繋がらないと、Wifiがあるはずなのに何故出られないんだとった感じで、息苦しくなってきました。

私も自立心が強く気ままに生きたいタイプだったので、いちいち細かく聞かれるのはツライものがありました。

「日本人女性は従順」とか色んな幻想を抱いていたこともあったと思います。当時の私は料理も全くできず、がっかりさせたこともあると思います。

お互いの色んな小さな不満が溜まり、結局は別れることになりました。

英語に関しては、彼が理解しやすいように話していてくれていたせいか、そこまでコミュニケーションの苦労はしませんでした。

オーストラリアは移民国なので、彼を通じて色んな国の人と知り合い、色んな考え方を学びました。

国民性の違い?オーストラリア人の元彼との結婚が上手くいかなかった理由

恋愛に限らず、相手の文化を知ろうとする姿勢はとても大事だと思います。結局、お互いの性格が合うかどうかだと思います。

国際恋愛してよかったことは(留学も含む)、日本は他の国のように、移民が入り乱れる国ではないので、外国人を「ガイコクジン」として見るところがあると気づけたことです。

私も日本生まれの日本人なので気持ちは分かりますが、みんないち人間です。わりと日本や韓国、中国以外の先進国は人種が入り乱れているところが多いので、「ガイコクジン」にはあまりなりません。

普通に「この人はどんな人なのかな?」ということがどの国にいようが恋愛の第一歩になるのだと思います。

彼に誘われたときは誘い方も自然で、いい人だなと思い、変な壁はあまりありませんでした。危ないヤツだったなら、近づかなければよい。

現に年配国際結婚の先輩で、若い日本人女子を心配する方がいました。

「やまとなでしこ」を信じて、家政婦扱いする外国人もいると。勢いで国際結婚して、暴力亭主にあたった人もいます。

その一方で幸せな結婚をしているカップルもたくさんいます。色んな方の話を聞いていると、結局同じ国だろうが外国人だろうが、続く人は続くし続かない人は続かないということだと思います。

ニュージーランド系のハーフオーストラリアンの現在の夫とのゴールインまで

国際結婚、恋愛の場合には必ず「ビザ」という壁もあるので、それを自分でこなせるだけの英語力、忍耐力、自立心もないとできないと思います。

英語も日本語も話せる外国人男性だったら、頼むことができるかも知れないので事情は違うかもしれませんが。

あと、国際結婚(特に相手の国に在住する場合)をしたい方は、柔軟性がないと厳しいと思います。

そうでないと、異文化を楽しめないですし、彼の事情などで今までと全く違う環境に引越すことになるかも知れません。

変化に対応できる人であることも大事だと思います。

結局私は数年後ニュージーランドハーフのオーストラリア人の彼とマッチングサイトで知り合い、婚約しました。

彼はとても家事に協力的で、私も今では料理の腕も上がり、過去の彼にできなかった後悔などからも学び今は充実しています。

日本にはいいところも沢山ありますが、日本の結婚は「家」と「家」の結婚であったりするので、面倒なこともたくさんありますよね。とにかく個人主義である国は私に取ってとても楽です。そして英語はとにかく勉強あるのみです。

口コミ評価の高い婚活サイト1位「PCMAX」
thumb_www_youbride_co_jp
女性の利用は完全無料
無料登録後、すぐ男性会員のプロフィール検索が可能
口コミ評価の高い婚活サイト2位「ブライダルネット」
thumb_www_bridalnet_co_jp
男女とも月額3,000円
有料登録しないと、男性会員のプロフィール検索は不可
口コミ評価の高い婚活サイト3位「ユーブライド」
男女とも月額3,980円
有料登録しないと、男性会員のプロフィール検索は不可
口コミ評価の高い婚活サイト4位「マッチドットコム」
thumb_www_bridalnet_co_jp
男女とも月額3,000円
有料登録しないと、男性会員のプロフィール検索は不可
口コミ評価の高い婚活サイト5位「YYC」
hap
女性の利用は完全無料
プロフィール入力しないと、男性会員のプロフィール検索は不可