パートナーエージェントで再婚希望のバツイチ女が1年間活動した結果

30代で離婚歴有のバツイチアラフォーの私ですが、家族の勧めから結婚相談所パートナーエージェントで1年間活動しました。

ただ、パートナーエージェントでは、下記の理由からバツイチ女だと出会いが殆どなく、最終的に退会しました。

・パートナーエージェントの会員は20代~30代前半が中心
・バツイチ女が婚活対象の男性会員は少ない

再婚希望の女性からの評判は決して良くないようですし、会員層を考えるとバツイチの私はパートナーエージェントを利用するべきではなかったというのが感想です。

バツイチでパートナーエージェントを利用するに至った理由

私は、両親が不仲で寂しい思いをしてきました。その影響か、人一倍結婚願望が強かったこともあり、24歳で会社の上司と結婚をして寿退職しました。

ただ3年ほどで喧嘩の絶えない日常が続き、彼からのDVをきっかけに離婚することに。慰謝料は貰えましたが、事務職として知り合いの会社で働かせてもらってからは、出会いもなくバツイチのまま30代になっていました。

たった一度の相手選びで失敗した重みを受け止めつつも、どうしてももう一度若いうちに再婚をしたいと思うようになり、結婚相談所パートナーエージェントを利用しました。

パートナーエージェントでは、色々と聞いて回った結婚相談所では、バツイチ女性のマッチング実績が多いと聞いていたこともあり、信じて入会しました。

入会後は30代前半の方から申し込みを良く受けていました。

マッチングしたのは33歳の時に滋賀県在住の大手製作所に勤める32歳の男性。

ちょっと老けた印象ですが、基本的に優しい感じで、積極的にリードされて食事やドライブのデートをしました。

ただ、30代でも事務職の私と同じくらいの年収で、二人で暮らしていくのは難しいと感じました。

バツイチの私でも受け入れてくれて、すぐに結婚話が出ましたが、正直私はときめきを感じられなかったし、大阪在住の私が母を置いて滋賀県に嫁ぐ勇気が無かったのでお断りしました。

バツイチでパートナーエージェントでは低年収男性が多いかも

その翌月、再び申し込みがありました。大阪在住で大手電機メーカーに勤める52歳の男性。派手さはありませんが、ダサくはなぷいし優しく真面目そう。ただ、50過ぎて独身で初婚とのことで、警戒感はありました。

今回も、一ヶ月足らずでプロポーズされました。

悩んだものの、将来に不安を感じていた私は、何となくイエスと言ってしまい、すぐにお互いの親に挨拶を済ませ、スムーズに結婚準備がはじまりました。

新居は、彼の実家近くに中古の一戸建てを購入しました。これが、今思えば失敗の始まりでした。

すぐに彼の母親が要介護になり、嫁入りしたらすぐに他人の母親の介護生活が始まる。

私にはその覚悟がなくて、この縁談は辞めることにしました。

次に会ったのは、大阪在住で大手印刷会社勤務の40代バツイチの男性に出会いました。彼も優しく真面目な印象。趣味はアウトドア。しかし私はインドア派。

ちょっと無理をしながらも彼に行動パターンを合わせる努力をしました。川下り、バーベキュー、遊園地などのデートを重ねました。出会いから3ヶ月経っても結婚の話が出ません。

焦った私は駆け引きをする事を思いつきました。嘘ですが、自分にお見合い話が出ている事にして彼を焦らせようとする作戦。

残念ながら目論見は外れました。じゃあ一度その人に会ってみても良いよと言われました。

それ以来気まづくなって、趣味が合わないとも思われていて結局交際3ヶ月で私は断られました。

バツイチが結婚相談所以外で結婚する道は?

パートナーエージェントで出会う男性には、私がバツイチということもあるのですが、検討してくれる男性も少なく、いつしかマッチングしなくなりオフィスに通うこともなくなりました。

退会後に、利用したのが婚活サイトで自宅のパソコンでいつでも条件を絞り込んだお相手が検索できるシステム。

入会後すぐに兵庫県在住で会社経営の息子すなわち次期社長の32歳の男性。彼は、真面目ですが話をしていて楽しい。私の長所を引き出してくれる心地良い男性でした。

しかし、交際3ヶ月足らずで破局。もう本当に結婚まで考えましたが、私の両親が別居している事など家柄を馬鹿にされているような言動があったのでお断りしました。

さすがにもう結婚は無理かもと思うようになりました。そんな時に出会ったのが、京都市在住で中堅製造会社勤務の38歳男性。正直ルックスに魅かれて、しかも真面目で優しい。

すぐに意気投合して出会いから2週間後にプロポーズされました。とんとん拍子に話が進んで5ヶ月後には本当に結婚してしまいました。今では、子供にも恵まれて幸せをかみしめる日々です。