バツイチ再婚でもオーネットで結婚できる?思い切って利用した結果

5年前に離婚した私も今ではアラサーバツイチ女で、このまま独身は嫌だと思い利用したオーネットでしたが、2年活動しても成婚することができませんでした。

退会後は、バツイチ女性で評価の高かった「婚活サイト」を利用して現在の夫に出会ったのですが、オーネットには下記の点で不満を感じました。

・バツイチ女性の利用は少ない
・20代女性が多いので不利

入会金が高いこともあるためか男性側の質は、そこまで高いものではなく、女性は若い人が多くレベルは高いので、バツイチ女性には不利だと感じました。

30代~40代会社員男性が多く、私が成婚したサイト

オーネットでは20代女性の利用が多く競争率が高いため、バツイチ女性には不利でした。

その後、私が希望しているような30代~40代会社員男性が多く婚活できるサイトを探していたところ、バツイチの私でもお誘いが来て現在の夫に出会ったのが下記のPCMAXでした。

thumb_pcmax_jp
>>PCMAX公式サイト(登録1分、女性は利用無料)

夫は初婚ですが「バツイチ」関係なく私を見てくれて、交際後1年ほどで結婚しました。

↓職種でも男性検索が可能
sigoto
ビジネス誌などでも取り上げられることも多く、私が希望していた「30代~40代会社員男性」の登録が中心で、婚活したいと思える男性が多いと感じました。

※女性は無料(男性は有料)なので登録男性の質を、登録後すぐ確認できたことも、納得して婚活を進められた結果に繋がったと思います

オーネットではバツイチ女性が不利な理由

バツイチで「オーネット」を利用することになった私ですが、初期登録費用が10万円近くかかるということもあって、登録時にはいくつか心配がありました。

ネット上の評判を見てみると「思っていたような男性と会えなかった」「サポートしてくれるカウンセラーが上から目線で全然役に立たない」など一部のオーネットユーザーの不満の声がありました。

ですが、ネット上の評判だけでなく、私の周囲の評判としては「オーネットで結婚した知人がいたこと」「実際にカウンセリングを受けてカウンセラーの対応が良かったこと」から親からも「失敗してもいいからやってみなさい」と応援して貰えることになり、色々な悪評もあるなかで実際に利用してみることにしました。

期待していたより年収や外見が微妙な男性が多かった

プロフィール写真が上手く撮れていたのか、プロフィールを見て申し込みをしてくれた男性が多く、登録後1か月で10人以上の男性からの申し込みがありました。

ただ、どの男性も「外見」「年収」「職業」など期待していたものよりは、落ちるイメージで納得して結婚したいと思える男性からの申し込みは少なかったです。

年齢も40代~50代が多く、低年収(300万円前後)とすぐに心惹かれる男性はいませんでした。

例えば、オーネット公式サイトでは「年収は400万円~800万円が多く」と記載があるのですが、私に申し込みが多かったのは「40代、年収300万円前後」の男性が多かったです。

とはいえ、バツイチの私にも申込を頂いたのは嬉しかったですし、実際に会ってみて徐々に惹かれている部分もあるだろうと思い、実際に何人かの男性とお会いしました。

バツイチか初婚男性か?

実際に会ってみると、優しく接してくれて大切にしてくれそうだと思った男性が一人おり、何回かデートをするうちに徐々に惹かれて行きました。

オーネット登録後3か月ほどのことだったのですが、彼は20代女性ともマッチングしていたようで、結婚を前提にお付き合いを申し込まれることなくフェードアウトしてしまいました。

その後もオーネットでは毎回オフィスに行って申し込み状況を見ても、40代~50代の難しい男性からの申し込みばかりで、バツイチだとここまで上手く行かないものかと涙が溢れてきてしまったのを覚えています。

同時にオーネットで「理想の相手でもない男性」と結婚を夢見ていた自分が急に恥ずかしく悔しくなりました。結婚相談所に登録したのに「40代で年収が300万円しかない男」と結婚しようとしていたことは、今の夫には絶対に話せません。

バツイチでオーネットでの活動に限界を感じて退会

その後もオーネットパスで男性を見てもどうしても納得がいかず、高い入会金を支払ってまで「結婚相談所」で婚活している男性は「こんなものか」と婚活への意欲が薄れていきました。

カウンターに行くペースも、以前は1週間に2回だったのが、いつしか1か月に1回も行かなくなり再度の休会を検討し始めました。

親からも「最近オーネット行っていないみたいだけど大丈夫?」などと心配されるようになり、お金を払ってもらっているのに申し訳なさで一杯でした。

親には「始めに付き合った男性とすぐに別れたのが精神的に苦しかった」と打ち明けると「結婚相談所だけじゃなくて婚活パーティーとかも行ってみれば」と提案されました。

色々と調べていくと「婚活パーティー」ではなく、より手軽にできる「婚活サイト」のほうが自分の思う男性と出会えるのではないかと感じ始めて利用しました。

オーネットではなく婚活サイトを利用した結果

自分のお金で利用できましたしプレッシャーも少なく活動を進められたうえ、登録後1週間で20人弱の男性から連絡が来て結婚相談所での活動よりも婚活サイトで反応がよいことを感じました。

thumb_pcmax_jp
>>PCMAX公式サイト(登録1分、女性の利用無料)

ただ、以前も初めは手ごたえはあったことを思い出し期待はしすぎないようにしながら、男性のプロフィールをチェックして実際に会ってもよいと感じた男性4人とデートをすることになりました。

4人の中の1人と凄く気が合って、結婚を前提に交際をすることになりました。

彼は30代で私の2つ上で、自分が思っていた理想に近い男性でした。重い女と思われないようにと心配だったのですが、彼からは「早めにお互いの両親に挨拶しておいたほうが良いかな」などと交際3か月後くらいで結婚を意識してお付き合いが進みました。

その後も順調に交際は進み、6か月後に彼からプロポーズされて、結婚式の準備など無事に終えて入籍することができました。

バツイチでオーネットで活動するときの注意点

オーネットでは結婚していない私が言っても意味ないかもしれませんが、一応利用者として「こうしておけばよかった」と後悔している点をまとめておきます。

まず始めからバツイチの場合は「結婚相談所」だけで婚活を終わらせようとは思わないほうが良いです。日常での出会いを求めたり、婚活パーティーも行ってみたり、できることを同時並行で全部やっておいたほうが良いです。

オーネットを利用し始めてから合コンなども行かなくなりましたし、友人に誘われて婚活パーティーなども行きませんでした。ましてや婚活サイトも同時に使って活動しようとも思いませんでした。

結果的に、慌てて利用した婚活サイトで上手く行きましたが、しっかりと結婚を前提に交際を始めるまでは、色々な方法で婚活することは辞めないほうが良いです。

オーネットを利用中に後悔している点

以前は会社の同期の男性と付き合っていたので、男友達といえる男性はすべて社内の人でした。

それ以外の交友関係はほとんどなくなってたため、積極的に交流を増やさないといけないということもあり、親に勧められて結婚相談所を利用しました。

事前にオーネットの情報を調べて実践してよかったこととしては、

・なるべく早く自分の要望や自己紹介をすぐに登録
・プロフィール写真は最高のコンディションで撮影

口コミなどでは、微妙なプロフィール写真を使ってしまって全然声がかからなかったなどと後悔している人は多かったようでした。

「綺麗に写ってる写真にして、実際に会った時に何か違うと思われたらどうしよう」などと心配はありましたが、とにかく写真詐欺と思われようが第一印象をよくするような写真を撮ってもらいました。

写りがいまいちなのを登録て、誰の目も引かないよりも、写真詐欺と言われても綺麗な写真を使ったほうが良いです。

ここはカウンセラーからも「大げさにいえば、騙してる写真のようにも見えますし、自信を持ってちゃんと顔がうつったものを登録してください」とアドバイスがあるとは思います。

逆の立場で考えれば、もやっとした写真の男性は怪しいと思うし、自分のコンプレックスを隠して出会っても、結婚する人にはいずれ全て分かること。

美容室で綺麗にメイクしてもらってから自分で写真を撮り、自分が一番だと思える写真で登録したおかげで、序盤はある程度の男性から声をかけてもらえたのかなと思います。

すぐにお互いの両親に合うくらいはしておくべきだった

私は結婚を前提として交際し、結婚したらすぐに子供も持ちたいと思っていたので、プロフィールには正直にその思いを書きました。

交際してお互いを良く知ってから結婚したいのは当然ですが、以前の恋愛で長く付き合ってもマンネリになるのももう怖いし「何となく結婚する前提」みたいなのは無理だと思いました。

そのため、オーネット経由で交際した男性とは、結婚を前提にお付き合いしてもらいました。ただ、それでも振られてしまったのは二人の間だけで「結婚を前提に」お付き合いしていたからだったと思います。

カウンセラーに希望の条件をもっと伝えておくべきだった

男性から結婚したいと思ってもらえる女性かどうか自信はありませんでしたが「仕事と家庭を両立し、しっかり子育てをしていきたい」という思いはぶれたことがありません。

ただ、自分に自信が持てなかったこともあり、カウンセラーにも「家族を大切にし、安心できる家庭を持ちたい」という希望をしっかりと伝えることができませんでした。

そのため男性からの紹介書が来ても「年収」「ルックス」「簡単な性格」くらいしか事前に分からず、何となくフィーリングが合いそうという理由だけで交際を始めてしまったのは失敗でした。

逆に、婚活サイトでは「家庭という人生の足場を固めて、家族をつくり、仕事を今以上に頑張りたい」などと男性側のプロフィールが詳しくて本音が書かれているようで事前に「人となり」を知ることができていました。

結婚相談所は、どちらかというと「プロフィール」は固すぎて、カウンセラーが代わりに書いたんだろうなと思うものばかりでしたし、婚活さいとの柔らかい感じの自己紹介よりも、その人のことを知るのは難しいと思いました。

特に、自分の経歴だけを淡々と紹介している男性は結婚相談所には多く「真面目そう」な印象の人は多いですが、実際に会ってみないと本当の性格は分かりにくいです。

その点で、結婚相談所のほうが「駆け引きするような恋愛」をする部分は大きくなってしまうのかもしれません。婚活サイトでは感じた「この人と週末デートするんだ」という喜びも何となく小さいような気がしました。

結婚を前提としたお付き合いからの別れ

オーネットでは交際開始後、オーネットを通じて会っているんだという固い雰囲気がありました。

一方で、婚活サイトでは連絡を取り合うようになってからは、挨拶や自己紹介といったやり取りはすぐに終わり、毎日一日の簡単な近況報告をするのが日課になりました。

結婚を前提に交際はしているけれども、自然な流れで出会った恋人という関係が作れました。

お昼に何を食べたとか、仕事がつらかったとか、些細なことを話し合える関係は、結婚を前提に交際しているからこそ必要です。

私が行きつけのコーヒー店でいつも買うコーヒーのことを教えると、次の日に早速彼が試して飲んでくれたりと、キャッチボールがどこまでも続くような爽快感がありました。

そんなやり取りが、いつのまにか私の生活に欠かせないものとなっていきました。

ちなみに、最初のデートは、ごくあっさりとしたもので、仕事帰りにカフェで会ってお茶をするというものでした。休みの日に丸々一日会うのは緊張したのですが、すぐにでも会いたいと思っていたのです。

仕事帰りなので、一日疲れてメイクもよれっとしていたので、彼に会う前に顔を洗って一から化粧をし直しました。今思うと、よっぽど気合いが入っていたんだと思います。初めて会う彼は写真と同様にパリッとした雰囲気で、「好青年」という言葉がぴったりでした。

お互いお腹は減っていたものの、緊張してご飯など食べれそうになかったので、パンケーキとコーヒーを注文。会った瞬間から話が弾んだので、瞬く間に時間が過ぎてしまいました。

実際会ってみてがっかりしなかったかどうかなど、自分の外見がどう思われているかなど気にすることなく、普段のやり取りのような気軽な感じで会話ができて安心しました。彼は、自分が好きな映画や俳優さんの話になると饒舌になり、「新作の映画で一緒に見に行きたいのがある」と言ってくれました。ほんの短い初デートでしたが、ときめきと将来への希望のようなものをもらえ、思い切って自分の環境を変えようと思って良かったと思いました。彼から交際を申し込まれた時には迷いはなく「結婚するんだ」と胸が高鳴っていました。

結婚相談所のオーネットとは相性が悪かったものの、それが良い経験となって、婚活サイト「ユーブライド」でのゴールに繋がったところは大きいので、特に婚活では時間を何年も無駄にしない限りは色々なことをやってみるのは良いことだと思います。

口コミ評価の高い婚活サイト1位「PCMAX」
thumb_www_youbride_co_jp
女性の利用は完全無料
無料登録後、すぐ男性会員のプロフィール検索が可能
口コミ評価の高い婚活サイト2位「ブライダルネット」
thumb_www_bridalnet_co_jp
男女とも月額3,000円
有料登録しないと、男性会員のプロフィール検索は不可
口コミ評価の高い婚活サイト3位「ユーブライド」
男女とも月額3,980円
有料登録しないと、男性会員のプロフィール検索は不可
口コミ評価の高い婚活サイト4位「マッチドットコム」
thumb_www_bridalnet_co_jp
男女とも月額3,000円
有料登録しないと、男性会員のプロフィール検索は不可
口コミ評価の高い婚活サイト5位「YYC」
hap
女性の利用は完全無料
プロフィール入力しないと、男性会員のプロフィール検索は不可