私がエキサイト婚活を40代で利用して結婚を前提に交際するまで

エキサイト婚活の利用前から、私が婚活を始めたのは34歳の時でホワイトキー、パーティーパーティーなど「婚活パーティー」に参加したのがスタートです。

ただ、初対面&事前のプロフィール交換なしで話すのが苦手な私は「婚活パーティー」は合いませんでしたし、マッチングしても交際に発展することはありませんでした。

その後、婚活に本気の男性が多いだろうと考えて、仲介人もサポートしてくれる「結婚相談所」を利用しました。

ですが、結婚相談所では「40代~50代」「バツイチ」男性の比率が非常に高く、申し込みをくれるのもそういった訳アリ男性からばかりでした。

結婚相談所の説明会で聞いていた男性会員の平均は「30代会社員」「年収500万円」だったのですが、かなりのギャップを感じました。

20万円近く会費で払っていたこともあり、1年ほど結婚相談所で活動したのですが、普通の「30代会社員」男性からは申し込みもなく、マッチングすることができず退会しました。

エキサイト婚活で活動するに至った経緯

その後、利用したのが「エキサイト婚活」で結婚相談所と違って、男性も利用しやすいはずなので、男性会員の質も結婚相談所と比べて高いだろうと利用しました。

広告などで目についた、結婚相談所が運営している「ブライダルネット」「ユーブライド」は月3000円前後で利用できたので、半年ほど利用していました。

ただ、ここでも目論見は外れました。

ネット婚活をしている男性は、結婚相談所と違って若いだろうと思っていたのですが、結局コンタクトをくれるのは「40代~50代男性」男性ばかり。

「30代会社員男性」は検索でも殆どヒットせず、そもそも登録も少なく、見つけて男性にコンタクトしても返事は殆どありませんでした。

結局「ユーブライド」「ブライダルネット」でも出会うことができず、もう結婚は無理なのかなと絶望していたのを今でも覚えています。

エキサイト婚活を利用した理由

その時点で、35歳になっていた私は、既にアラフォーでした。

結婚相談所も試してみて、結婚相談所が運営しているエキサイト婚活も試した。それでも上手く行きませんでした。

ただ、結婚相談所と違って、エキサイト婚活はコスト的にもそれほど高くないですし、もう少しだけ試してみてから諦めようと思いました。

その結果、最終的に8つの婚活サイトを試しました。

8つというと多いように見えますが、婚活サイトの多くは女性は無料のことが多く、登録手続きも簡単なので、登録自体はしやすかったです。

・ブライダルネット
・ユーブライド
・エキサイト婚活
・ピュアアイ
・アイキューピット
・ラブサーチ
・ゼクシィ縁結び
・ペアーズ
・PCMAX
・YYC

この中で、一番会員の質が高かったのが運営歴10年以上の「PCMAX」でした。

・女性は全て無料で利用できるので、どんな男性会員が多いのかすぐ確認できた
・男性料金も月2000円前後なので、一般的なサラリーマン男性の登録が多かった

男性は有料なのですが、女性は無料で使えるので、有料会員にならないと男性会員が確認できない「ユーブライド」「ブライダルネット」よりも登録前の安心感がありました。

また、ボタンを押すだけで相手にアピールできる「いいね」ボタンなどもあり、希望の男性へのアプローチもしやすく、使い始めから比較的好感触でした。

エキサイト婚活で出会った男性の実際

登録すると、男性会員からも「いいね」は毎日3件~5件くらいあったので、その中から気になる男性に「いいね」を返すこともできました。

2か月間の利用でマッチングした男性の数は8人。エキサイト婚活、ブライダルネット、ユーブライドで無理矢理マッチングしたのが、半年間で3人だったのを考えるとペースは早かったと思います。

8人の男性は全員35歳~39歳で、メッセージのやり取りなどを続けて、実際にデートに誘われてリアルで会ったのは5人でした。

1回目のデートの後、自然消滅したりする男性もいましたが、その後もデートを続けて4回目のデートで告白してくれたのが現在の夫です。

エキサイト婚活で相手を見つけるために意識したこと

ここではエキサイト婚活への効率的な登録方法から、男性検索のコツ、実際にデートまで行くために意識したことをまとめてみました。

エキサイト婚活の場合は、登録1分ほど3ステップのみで完了。

プロフィール紹介文などは飛ばせて登録完了後すぐに「男性会員検索」機能が使えるようになります。

認証後の男性会員検索で意識したこと

認証を完了すると、下記のような検索画面が使えるようになり、男性会員を職業などから条件指定して閲覧できるようになります。

pcma1

ここに「居住エリア」「年齢」「身長」など様々な条件を組み合わせて、自分の希望の男性を検索できます。

上手く調整して条件指定すると、希望の男性会員が見つかるはずです。私の場合は、この時点でいいなと思える男性が20人~30人くらいいたので、そのまま使うことにしました。

もしも、条件的に気になる男性が見つからなければ、この時点で辞めてしまって大丈夫です。

良いところは、他のエキサイト婚活と違って、女性は「認証だけすれば無料で男性会員を確認」をするところまでいけることです。

例えば、

・結婚相談所は「初期費用10万円」払わないと男性会員の確認ができない
・有料婚活サイトは「月会費」を払わないと男性会員の確認ができない

お金を払ってしまった以上は、もしも男性会員に満足できなくても妥協して相手を探さないといけないのが「結婚相談所」「有料婚活サイト」です。

大手運営ということで会員数も多いのは分かっているうえで、年齢確認さえ完了させれば無料で男性会員の確認ができるので登録して後悔するといった心配をしないでいいです。

エキサイト婚活で実際に男性に会う

年齢認証をして男性検索をした結果、希望男性が10人以上いるのであれば、実際に会うためにアクションを開始します。

ここでは私が「実際に男性に会う」「結婚を前提に彼氏を作る」「プロポーズされる」までの流れを順番にまとめてみました。

「婚活パーティー」「結婚相談所」で全く結果の出なかった私ですが「エキサイト婚活」では比較的男性からのアプローチが多かったです。

そのため「会おうと思えば、いくらでも男性に会える」状況ではありました。

ただ、それだと男性の数が多すぎて、全員に会っている時間はとてもないので、下記のように私なりに男性を絞り込みました。

・十分な年収
・ルックス
・感じの良さ

「年収」「プロフィール写真」が確認できるのは勿論、会う前に事前にメールなどで連絡を取り合うことができました。

やり取りの中で「感じの良さ」を感じることができた男性とは、なるべく会うようにしていました。

基本的に5,6回メールをやり取りしていれば、男性側からデートの誘いが来たので、その時点で「実際に会うべきか」決めました。

ちなみに、何回かこちらから男性を誘いましたが、基本的に断られました。もしもデートに行けたとしても、男性側が積極的ではなく、交際に発展することはなかったです。

結婚を前提に彼氏を作る

実際に会った後は、男性側から好意があれば、デートの終わりまでに次のデートの誘いがありました。

その時点で、この男性にもう一度会いたいと感じることができれば、その後もデートに行くようにしました。

もしも次のデートの誘いがなければ、男性側は興味がないということなので、こちらがいくら興味があっても無理矢理デートに誘ったりはしませんでした。

男性側に好意があれば、絶対にデートに誘われると思っていたので、我慢して誘いが来るのを待ちました。その結果、私の場合は3回ほどデートに行った男性から「結婚を前提にした交際」を申し込まれました。1人が夫で、もう一人はお断りました。

プロポーズに持ち込む

私の場合は、結婚を前提に交際をしてほしいと告白されていたので、お付き合いを始めてから3か月後くらいに、彼に自分の両親に会ってもらいました。

普通の交際をしていると親に会わせるのは気が引けると思いますが「婚活サイト」で出会った関係で、結婚を前提に交際している以上、なるべく早く親に合わせたほうが良いと思いました。

これは彼からの提案よりも早く、自分の親に会ってくれないか言い出しました。結果、私の両親と会ってもらった後、すぐに彼からも自分の両親に会ってほしいと言われました。

お互いの両親に会った時の話題としては、「自分達がエキサイト婚活で出会ったこと」というのは話題にしやすく、彼の両親から「いつ結婚をするの」という話になりました。

彼は自分の両親に聞かれた時に「近いうち結婚を考えている・・・」と言う言葉が出てきたことで、彼もいつプロポーズをしようか考え始めてくれたそうです。

それから3か月後に、いつものようにデートに行った際に彼からのプロポーズを受けました。

私としては、付き合い始めたらなるべく早く「お互いの両親に会わせる」というのは、エキサイト婚活を通して交際を始めた場合、お互いが結婚位向けて準備していると認知させるのに非常に有効だと思いました。

男性の場合、交際をしていれば安心という甘えがあるように思うので、上手くプレッシャーをかける意味でもタイミングを見計らって提案していって良かったです。

利用してよかったエキサイト婚活について

私はエキサイト婚活では全部で8つのサイトを使いました。有料のもの、無料のもの両方とも使ってみましたが「相手の男性のレベルが安定しているサイト」の特徴としては、下記の3つの条件を満たすものだと思いました。

・事前に男性会員の確認ができる
・運営歴が長い(10年以上)
・身分確認を徹底

運営会社も、しっかりとしているところのほうが安心して利用できます。運営歴が長ければそれだけユーザーに支持されてきたことになるので、安心して利用することができます。

thumb_pcmax_jp
>>PCMAX公式サイト(登録1分、女性の利用無料)

運営歴が長いサービスだけあって、身分確認なども徹底している点でも、ネット婚活が初めての私でも安心して利用ができました。

婚活サイトを上手く使いこなすためのコツ

ここからは結婚の前段階として「婚活サイト」で結婚を前提にした彼氏を作るために必要な3つのステップについてお話しします。

1. あいさつ、ウィンク、いいね機能でファーストコンタクト
2. メッセージ機能で関係を深める
3. 実際にデート(2回~4回)して告白される

あいさつ、ウィンク機能でファーストコンタクト

婚活サイトに登録したら、色々な男性から「あいさつ」「ウィンク」が届くはずです。これはボタン一つで、相手の女性(男性)に自分が気になっていることを伝える機能で、お互いに「あいさつ」「ウィンク」が成立すると、メッセージのやり取りが可能になります。

「あいさつ」「ウィンク」が届いた男性の中から、気になる男性に返事を返します。そうすると、相手からメッセージが届くので、そこからメッセージ交換をして彼氏にふさわしい相手か見極めていきます。

もちろん、女性側から男性を検索して、気になる男性に「あいさつ」「ウィンク」で、こちらが相手に好意があることを伝えることもできます。その場合は、男性側からも返してもらえればメッセージ交換ができるようになります。

基本的には、アプローチしてきた男性のプロフィールを読み込み「年収、職業、外見」で返信してもよいなと思える男性選別していきます。私が意識したポイントとしては「年収、職業」は変えられないけれど「外見」はある程度は許容するということです。

我慢するという訳ではないのですが、実際にあってみないと本当の「外見」は分からないので、期待していた男性が実は凄く不潔な感じだったり、逆に容姿は良くないと思っていた男性が会ったら素敵だったことは多かったです。

メッセージ機能で関係を深める

メッセージ交換が始まれば、あとは男性側からのリードがある場合が殆どなので、相手に合わせて会話していけば、男性がどんな人なのか見えてきます。その時に、あまりにも会話が合わない、連絡が遅すぎるなどあれば、途中でお断りを入れてもOKです。

10回程度やり取りですれば、殆どの男性は、デートに誘ってきますので、それを待ちます。いくら待ってもデートに誘ってこない男性もいますが、よほどのことがない限りは、相手に誘わせておいたほうが良いです。男性は自分からアプローチした男性のほうが、大切にする傾向が強いので、その習性を上手く利用してください。

こちらから誘いを入れたことはありますが、デートで割り勘にされたり散々でした。大事に思ってくれる男性は100%奢ってくれますので割り勘提案されたら、その男性は止めておいたほうが良いです。

実際にデート(2回~4回)して告白される

デートでは男性の本性が出てきますので、会話の内容、デートプランなどを吟味して、自分に合う男性かどうか判断します。

彼氏となる男性には、やはり惹かれるものは必ずあると思うので、絶対に妥協はしないほうが良いです。特にエキサイト婚活を利用しているのであれば、実際にデートに行く相手も5,6人は出てくると思うので、焦らずに男性をチェックしていきましょう。

私の場合は、凄く相性が良いなと思った男性からは絶対に告白されました。特に婚活の場合は、プロポーズをするのも男性ですし、残念ながら主導権は男性側にあるので、始めの告白から男性側にされるのは絶対です。逆に向こうから告白させることで「エキサイト婚活」を通して女性と付き合う決断をしたという責任感を持たせるべきです。

「結婚相談所」「婚活パーティー」だと実際に接することができるのは、月に多くても2~3人です。一方で「エキサイト婚活」の場合は、メッセージ交換なども含めると月に20人~30人の男性と接することができるので確率は高まるからです。

「エキサイト婚活」で結婚を前提に付き合うという意味

実際に付き合い始めると「合う、合わない」というのをデートだけしていた時と比べて、より強く感じるはずです。

彼との初めてのデートはイタリアンレストランだったのですが、どちらかというとカジュアルなイタリアンのお店で、彼自身も気さくな感じで接してくれて印象が良かったです。

婚活サイトを通じて出会っているとはいっても、まだ初対面なので結構緊張しました。なので、少しでも日常的な雰囲気を作ってくれた彼とは、この先も「私のことをいつまでも大切にしてくれる」のではないかと期待を持てました。

デートの頻度について

会った後も、彼はすぐに2回目のデートをセットしてくれて、それから毎週末に一緒にデートに行きました。ただし、実際に交際するまでは、念のため、他の男性とも連絡を取リ続けました。

考えたくはないですが、彼に音信不通にされたり交際を断られたりする場合に備えました。ただ、心配とは裏腹に、毎週末のデートは3週間連続で続いて、3回目のデートで彼から結婚を前提に付き合ってほしいと言われました。

かなりハイペースで会っていたので、1か月間の事前交際とはいえ、かなり打ち解けていました。当然、彼の告白を受け入れて、本格的に交際をスタートすることにしました。

その時点で、2人の男性と「婚活サイト」で連絡を取っていましたが、その時点でお断りしました。結婚を前提にした交際が始まってからは、週に2,3回一緒にご飯を食べたり、彼の家で料理をするなど「少しでも結婚後の日常を意識」して一緒に過ごしました。

婚活サイトで付き合い始めてから意識したこと

婚活サイトで出会った場合、普通の交際とは意識を変えて、どちらかというと家庭的な雰囲気を出して交際したほうが良いと感じました。

普通の交際では「生活感を出しすぎる」と女性に魅力を感じなくなり、交際が続かないイメージだと思いますが、結婚を前提にした交際の場合は「家に行く頻度を多くする」「お互いの素が見れる状態で交際する」ことを意識したほうが彼にも結婚が近づいていることを意識させることができます。

付き合い始めてから3か月後に、自分の両親に会ってほしいとお願いしました。「いつ結婚するの」と聞きたい気持ちはありましたが、先に両親に会ってもらうことで、無言のプレッシャーを与えるためです。

彼も何となくそろそろ結婚に向けた準備をしたほうがよいと感じたようで、彼の両親にも会うようなセッティングをしてくれました。お互いの両親に顔合わせをすることで、自分たちは本当に結婚に向かって進んでいると自覚できると思います。

「婚活サイト」で交際をした場合は、男性側からのプロポーズのタイミングは、男性側にしてもどのタイミングでしたらよいか難しいようです。そのため、可能な範囲で両親に会せたり、向こうの両親に会ったり、2人で完結する関係性以上のものを女児に構築していく必要があります。

その辺りは、男性は苦手なので、こちらから「結婚はいつ?」と直接的なプレッシャーをかけるのではなく、外堀を埋めていく手段の一つとして「お互いの両親に会う」というのは上手く使ったほうが良いです。

私が結婚するまでに利用した婚活サイト評価まとめ

最後になりますが、私が結婚するまでに利用した婚活サイトの評価についてまとめておきます。

大手婚活サイトを中心に、8つのサイトに登録しました。8つも登録した理由としては「年齢的にダラダラ婚活している余裕はなかったこと」「どの婚活サイトが自分に合うか分からなかったこと」からです。

有料、無料のもの含めて、登録した8つの婚活サイトは、

・ブライダルネット(月額3,000円)
・ユーブライド(月額3,980円)
・ピュアアイ(無料)
・ラブサーチ(無料)
・ゼクシィ縁結び(月額3,000円)
・ペアーズ(無料)
・アイキューピット(無料)
・PCMAX(無料)
・YYC(無料)

使ってみての感想としては、女性が有料婚活サイトのほうが、男性の年齢層が高くなる傾向があると感じました。

男性の年齢は40代~50代が多く、写真掲載もプロフィール文もないような男性からのコンタクトが多く、怖くて実際に会いたいと思う人はいませんでした。

逆に女性は無料のサイトのほうが「身分確認」が徹底していること、運営会社も上場企業が多く、登録男性の「年収、職業」などもしっかりとしている人が多かったです。

もちろん、プロフィール写真なども審査が入っていて「はっきりと顔が見える」ため、プロフィール文章なども含めて安心して連絡を取ることができました。

婚活サイトの選び方

私のおススメは女性無料、男性有料の婚活サイトです。有料会員にならないと会員確認ができないサイトは、有料会員にさせたいだけで質があまり高く無かったです。

ユーブライド、ブライダルネットは有料会員になってログインしてみて愕然としたのですが「婚活に絶望した女性がサイト内SNSに愚痴を書きまくっている」「活動ユーザーが少ない(全然活動していない会員、サクラ?)」という点でマイナスでした。

婚活に絶望した女性がサイト内SNSに愚痴を書きまくっている

ブライダルネットには日記機能があって、自分の日常や思っていることなどを書き込んで、異性にアピールすることができます。その日記を書き込んでいるのが、ほとんど女性で、内容が婚活にうまくいかない憤りの気持ちや、日常生活のイライラなどが書き込まれているんです。完全にアピールする気はなくて、もう殆ど婚活をあきらめているようなオーラが出てしまっている人が多かったのは衝撃でした。

アクティブ会員が少ない

ブライダルネットは女性の数も根本的に少ないために男性会員はさらに少ないように感じました。会員登録をして、実際に地域に住む男性を検索したところ驚くことが起こりました。会員には40代~50代、離婚歴ありだったり男性が沢山いました。

旦那については、彼のほうが3つ年上ですが、結婚してからも仲良く過ごせています。エキサイト婚活で出会ったとしても、上手くいくかどうかというのは2人の相性だと思うので、色々な男性に会ったうえで妥協はしないで相手を決めるのが良いです。

結婚相談所、婚活パーティーと違って、より多くの男性を選別できるのが「エキサイト婚活」の特徴なので、上手く活用しながら婚活を進めることを意識すれば結果はついてくると思います。

口コミ評価の高い婚活サイト1位「PCMAX」
thumb_www_youbride_co_jp
女性の利用は完全無料
無料登録後、すぐ男性会員のプロフィール検索が可能
口コミ評価の高い婚活サイト2位「ブライダルネット」
thumb_www_bridalnet_co_jp
男女とも月額3,000円
有料登録しないと、男性会員のプロフィール検索は不可
口コミ評価の高い婚活サイト3位「ユーブライド」
男女とも月額3,980円
有料登録しないと、男性会員のプロフィール検索は不可
口コミ評価の高い婚活サイト4位「マッチドットコム」
thumb_www_bridalnet_co_jp
男女とも月額3,000円
有料登録しないと、男性会員のプロフィール検索は不可
口コミ評価の高い婚活サイト5位「YYC」
hap
女性の利用は完全無料
プロフィール入力しないと、男性会員のプロフィール検索は不可